メニュー

BOTOX治療について

当院では、脳梗塞・脳出血の手足の筋肉に対して、BOTOX治療を行っております。

ボツリヌストキシンというお薬を筋肉に注射し、痙縮(けいしゅく)をやわらげる治療法です。当院はグラクソ・スミスクライン製のお薬を使用しています。

3ヶ月に一度のペースで施注を行い、手足の筋肉のつっぱり(痙縮:けいしゅく)をやわらげることにより、痙縮による疼痛の緩和・日常生活機能の向上・介助量の軽減が見込まれます。興味のある方は、ぜひお問い合わせを。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME