メニュー

診療のご案内

瓢箪山で地域に根付いたホームドクターを目指しております!!

内科・リハビリテーション科ともにいつでも相談できるフットワークのある医療を目指しております。

当院での外来診療はプライマリーケアが中心になっています。専門的な加療が必要であると判断した場合には専門医がいる病院等に紹介をさせていただきます。

内科

〇一般内科

当院では、発熱や咳、痰、息切れ、めまい、頭痛、腹痛、食欲不振など、よくある多様な症状に対しプライマリケア(初期診療)を行います。問診、身体診察、検査にて診断にあたり、薬物治療や生活習慣についてのアドバイスを行います。さらに高度な検査や治療が必要な場合には、適切な病院や専門医へご紹介致します。

診察室

診察室

 

レントゲン室

レントゲン室

心電図

心電図

顕微鏡

顕微鏡

〇生活習慣病

生活習慣に根ざす病気で具体的には糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、さらには脳卒中、虚血性心疾患などをいいます。どれも突然始まるように見えますが、実は若い時分から着実に進行し、ある日限界を超えて発症します。できるだけ上流の地点で食い止める努力が必要となります。

最近ではメタボリックシンドロームが注目されていますが、糖尿病としても高脂血症としても、高血圧としてもそれぞれ単独では治療の対象となってこなかったものですがまとめると治療の対象とすべきものと考えられています。
これらに対して当院ではまずは食事指導や運動療法といった手段を用いて治療を行おうと考えています。とは言え、忙しい現代のサラリーマンが多いため食事指導や運動療法に依存できる部分が少ないのも事実ですので薬物療法と併用し改善を目指していきます。

life-1

〇消化器症状

食道や胃、腸などの消化管には、さまざまな不快な症状が起こることがあります。 胃の痛み、胸の痛み、胸やけ、呑酸(どんさん)、げっぷ、のどのつかえ、のどの違和感、胃のもたれ、膨満感、食欲不振、おう吐、腹痛、便秘、下痢、下血など、実にさまざまな症状があります。検査を行い必要な治療を患者様と一緒に選択していきます。

virus_fukutsuu

超音波診断装置

超音波診断装置

 

リハビリテーション科

理学・作業・言語聴覚士によるリハビリテーション

詳細は「リハビリテーションについて」をご覧ください。

リハ紹介②

睡眠時無呼吸症候群外来

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)とは、肥満・あごが小さいなどが原因で、鼻からのどに掛けて空気の通り道が狭くなり、イビキや無呼吸・低呼吸が発生し様々な症状をきたす病気のことです。 ※以下、無呼吸症候群とします。

昼間

  • 起床時に頭痛がする
  • 運転中や会議中などに強い眠気を感じる
  • 全身に倦怠感がある
  • 集中力が低下する
  • 胸焼けがする

夜間

  • はげしいイビキをかく
  • 睡眠中に呼吸が止まる
  • 何度も目が覚める
  • 何度もトイレに行きたくなる
  • 寝汗をかく

上記内容にひとつでも当てはまれば無呼吸症候群かもしれません

無呼吸症候群はさまざまな合併症を引き起こします

無呼吸症候群によって合併症が引き起こされる割合は、健常者に比べ、高血圧は1.37倍、夜間突然死は2.61倍、脳卒中・脳梗塞は3.3倍にもなります。

早期発見で、合併症を予防しましょう。

ご自宅で簡単検査・睡眠評価装置を貸し出しいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME