メニュー

睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群外来

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)とは、肥満・あごが小さいなどが原因で、鼻からのどに掛けて空気の通り道が狭くなり、イビキや無呼吸・低呼吸が発生し様々な症状をきたす病気のことです。 ※以下、無呼吸症候群とします。

昼間

  • 起床時に頭痛がする
  • 運転中や会議中などに強い眠気を感じる
  • 全身に倦怠感がある
  • 集中力が低下する
  • 胸焼けがする

夜間

  • はげしいイビキをかく
  • 睡眠中に呼吸が止まる
  • 何度も目が覚める
  • 何度もトイレに行きたくなる
  • 寝汗をかく

上記内容にひとつでも当てはまれば無呼吸症候群かもしれません

無呼吸症候群はさまざまな合併症を引き起こします

無呼吸症候群によって合併症が引き起こされる割合は、健常者に比べ、高血圧は1.37倍、夜間突然死は2.61倍、脳卒中・脳梗塞は3.3倍にもなります。早期発見で、合併症を予防しましょう。

 

検査・診断・治療の流れ

CPAP導入

                

まずはご自宅で簡単検査・睡眠評価装置を貸し出しいたします

 検査をご希望の方は伊熊内科医師の診察を受診してください

診療時間はこちら

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME