メニュー

感染症内科について

主な対象疾患は、HIV感染症・免疫性疾患・感染症です(下記をご覧ください)。
皆様が、かかりつけの先生からご紹介戴くほうがいいのですが、下記の方は、直接おいで戴いても結構です。

  • 不明熱(3週間以上、38.5℃以上の熱が数回あり)
  • HIV抗体検査の結果が陽性であった方。

なお、診察、検査の結果、疾患によっては他院へご紹介する事がありますので、ご了承ください。

当科の診療対象ではない疾患: 活動性肺結核、第1類感染症、第二類感染症、慢性疲労症候群など。

また、感染症の有無に関わらず血友病患者さんやその御家族・保因者の方々の診療も行っています

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME